東京合唱団の楽器を知りましょう

音楽をする際には演奏をするには、楽器が必要になりクラシック音楽から邦楽や洋楽、地域ごとに伝わる音楽など様々なもので利用されることになります。そのような楽器ですが、音楽バンドなどで利用されるものにはギターやベース、ドラムなどがありそれぞれが自分の楽器を演奏することになります。
また歌が主体である合唱団などでも楽器はとても重要なものであり、合唱する楽曲によって使用する楽器にも変化があります。合唱団を知る上で東京などで興味がある場合には、どのような楽器を使用してるかを把握することも重要なことになります。演奏をするには、各楽器ごとのパートにより演奏の仕方も変わり音も違います。音楽を楽しむうえでは、歌だけでなく演奏を楽しむことも重要なものになります。

合唱とはどのような音楽のことをいうのか

合唱とは声を合わせて歌うことであり、合唱団とはそのように声を合わせて歌う人たちが集まり団体になったものになります。そのため複数の人が複数のパートに分かれて、それぞれが自分のパートを歌うことになる音楽の形態になります。またその際には、複数の人により一つの楽曲が歌われることになりますが、複数のメロディーを重ねて歌うことになります。
合唱はパート数や声の性質などにより分類することができ、パート数で分類する場合には二部合唱や三部合唱などパートの数により呼び方が違います。声で分類する場合には、女声による合唱は女声合唱で男声による合唱は男声合唱、男女の声による合唱が混声合唱などに分かれます。そのほかの分類には、独唱の有無や伴奏の有無により分類することができます。

どのような楽器が使われているのか

合唱団は全国にたくさんありますが、東京にある合唱団では楽器はどのようなものが使われているのか知っておくことも重要になります。合唱団は東京にも多く存在し、20代や30代の若手が中心となっているところや社会人だけで構成されているところなどさまざまあります。そのような東京の合唱団ですが、演奏に利用される楽器は楽曲により異なってきます。
合唱を行う場合には無伴奏のアカペラなどもありますが、伴奏を行う場合にはピアノやオルガン、オーケストラによる演奏が多くなりますが、ハープや打楽器にクラリネットなどによるものもあります。また合唱を行う上で歌い手も大切になりますが、伴奏も重要なものでありさらには指揮者も重要なものになります。合唱を知るには歌や伴奏、さらには指揮にも注意を払いましょう。